福袋

毎年、デパートの初売りで登場する福袋ふくろ今は衣料品だけではなく、食品、宝石、電気製品などいろいろな商品の福袋が売られていますグッド(上向き矢印)袋に入らない、非常に大きな物やサービスは目録を入れて販売する場合もあるんだそうです。
例えば自転車、家電品、自動車、住宅や旅行などまでもあるそうです。
私も今までに何度か買ったことがありますが、「買って良かった〜」と思ったことは少ないですあせあせ(飛び散る汗)
中身は景品表示法では販売価格が5,000円未満の場合20倍まで、5,000円以上は10万円までと定められているんだそうです。
でも自分が欲しくない物が入っていた場合には、どんなに高い金額分が入っていたとしても喜べないときもありますね・・特に衣類などは難しいですねあせあせ(飛び散る汗)

衣料品の人気のブランドのものなどは開店何時間も前から並んでほんの数分で売り切れてしまうほどの人気だそうですexclamation×2

今では当たり前のようになっている福袋は一体いつ頃から始まったのでしょうか?
老舗百貨店の大丸が、江戸時代に端切れなどを袋詰めにして初売りで販売した記録があるそうです。明治40年には鶴屋呉服店(現在の松屋)が福袋の販売を始めている。明治44年にはいとう呉服店(現在の松坂屋)が「多可良函」(たからばこ)の名前で福袋の販売を始めました、当時の値段は50銭だったそうです。

この「多可良函 たからばこ」いったい中身はどんなものが入っていたんでしょうね〜かわいい

ミスタードーナツでも福袋を販売しているそうです、値段は500円からありすべての福袋にドーナツ引き換え券が入っているそうです。ドーナツ好きには見逃せない福袋ですね揺れるハート

下調べして、来年は私も一つ買ってみようと思います。
お正月の運だめし楽しそうでするんるん

posted by トレンド探偵隊 at 14:17 | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。